HG カットシー #3

湿度が高くて塗装が出来ません・・・。
ので、HGカットシー整面(手直し)して塗装準備出来ました。
ハンドパーツをビルドナックルズに変更して、特徴的な甲のデザインをプラ板で再現。
IMG_00jfgf08.jpg

明るくて、良いボケ具合が撮影出来るキャノンの単焦点レンズを好んで使用していましたが、被写体に寄れないんですよねぇ。
今年のボーナスで、マクロレンズの購入を考えようかな。
あぁ~、塗装したい・・・。


HG 獅電改シノ機(流星号) #4

また、間が空いてしましました・・・。
日々、チマチマやっているんですが、ブログUP迄の作業に辿り着かなくて・・・。汗
流星号は、整面終わりまして、バラして洗浄中です。
サフ画像とか御見せ出来れば、見易いと思いますが、また組むのも時間が掛かりますので、もう塗装に移ります。
梅雨入りの為、塗装は少し後ですかネ。言い訳。
IMG_000yhj8.jpg

足フレームの肉抜きは、パテ埋めのみだと、単調になりますので、一部プラ材で変化を付けてます。
脛の合わせ目は、後ハメ加工しようとしましたが、強度が下がるリスクがある為、塗装して消します。
後は、スジ彫り・ピン穴ディテ追加とか。
IMG hjkl

本体のピンク色ですが、キットのカラーガイドでは、赤過ぎてどうしても自分のイメージと違ってたので、悩んで探していた所、ガイアノーツさんのバーチャロンカラー『マイザーピンク』を見つけてチョイスしました。
マゼンタ寄りのピンクで、自分のイメージにピッタリ!!(画像は塗料を撹拌してないので、違う色になってますが)
ガンダムデカール(鉄華団)発売も私にとっては、ナイスタイミング!でした。w
IMG_06ty009.jpg

そういえば、HGカットシーもほぼ塗装する段階でした!
デザイナーである、形部一平さんが描くMSファンとしては、コイツも完成させたい所デス!!
IMG_00uh13.jpg

HG 獅電改シノ機(流星号) #3

何時も、足を運んで(手?)訪問して下さっている皆様方、ブログの更新遅くて、どうもスイマセン・・・汗
部位のパーツを仕上げてからのブログ更新を心掛けてましたが、どうしても『手が遅い』ので、スジ彫りとかヨレヨレ途中経過でも(恥ずかしいケド)マメ目にブログのUPをしようと思います。
手首は、次元ビルドナックルズ角のSサイズ。
IMG_048ird009.jpg

バックパックは、
プラチップ・段落ち・ピン穴中心にディテールUP。
IMG_00u4jrn08.jpg

このキットで唯一、バランスが気になったガントレット(小型シールド)の取り付け位置が設定画と比べて高過ぎるし、流星号の増加肩パーツと干渉してしまうんですよね・・・。
自分が好きな、腕を『シュッ』て下ろした立ちポーズも出来ないし・・・。
そこで、250mm程度下へ取り付け位置の変更と、C面が消える位に裏面を削ってシールドの厚みを薄くした事で、設定画のイメージに近くなったと思います。
IMG_02jek012.jpg

ここはオリジナルで、MSオプションセット5のジョイントパーツとセット6のロケット砲を組み合わせて、武装追加。w
IMG_001fxs8.jpg

バックパックのジョイントパーツは、元々バルバトス用なので、長さ等を調整してコトブキヤサポートパーツでデコレート。
IMG_001ed5.jpg




HG 獅電改シノ機(流星号) #2

流星号を進めてます。
頭部と脇腹を後ハメ加工。
既存のモールドも全て深く掘り直し・各部にディテールをチョイチョイ追加。
バンダイ・エッジ消したり、時には残したり調整。
肩・脇腹・サイド・リアアーマー等にナイフ入れて面に変化を付けてます。
胴部のフレーム肉抜きパテ埋めと、コトブキヤサポートパーツでデコレート。
IMG_00uy06.jpg
流星号に増設された肩パーツの大きなマイナスモールドは、タガネでゴリゴリ掘ろうと思いましたが、プラ板を貼りつけて切り抜き。(この方が楽w)
IMG_000567.jpg
腹部のシリンダーは、IC端子を長さ調整・CUTして設置。
ココはワザとニッケル材質のゴールド色を活かす(ワンポイント)予定。
IMG_004hj10.jpg
アーマー裏は、既存のモールドを活かしつつ、スジ彫り追加とプラ板でデコレート。
もう、コレで十分でしょう。裏ですから・・・w
IMG_00pu08.jpg


HG ガンキャノン最初期型 #6

IMG_1134.png

MG-モデラーズギャラリーさんにて
ウィークリーランキングで、まさかの2位を獲得しました!
応援とポイントを付けて下さった方々に感謝・感激です!!
ありがとうございます!!!